side-area-logo

Consulting

コンサルティング実績

2017年2月 [アイディアをかたちに~人類進化ベッドはこうしてできた]

野生のチンパンジーの寝床をヒントにうまれた「人類進化ベッド」。このユニークなモノの開発ストーリーを1つの事例としてご紹介しながら、ユニークなアイディアが、形になり、そして世に送り出されるまでの経過を、人類進化ベッドの開発プロジェクトメンバー、座馬耕一郎氏、石川新一氏と共に語るトークショー。

会場:CAFE Lab. / グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル1F

 

2017年1月

睡眠健康住宅『GRANZ』~睡眠をテーマにした住宅を監修。

SLEEP FIRST HOUSINGのモデルハウスが、岡山市RSKハウジングプラザ展示場にオープン。エス-バイ-エル-カバヤの最上級モデル。寝室環境にとどまらず、質の高い睡眠に繋がる暮らし方を家族の一日というトータルな視点で捉えたスリープ・ファースト・ハウジングの思想。上質の眠りから始まる健やかな暮らしを提案する、この新しい形の住宅を監修いたしました。

d20988-13-439832-0

 

16265473_237569386697088_1052316462332042699_n

 

 

 

 

 

 

詳しくはコチラをご覧ください。→ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000020988.html

 

 

2016年11月

「寒さに負けない快眠テクニック」

私たちが起きている間のパフォーマンスは、睡眠の「質」が大きく影響します。今回は寒い季節でも上質な睡眠がとれる方法を伝授します。

会場:グランフロント大阪 パナソニックセンター

 

 

2016年10月

「なぜ暮らしの上級者は眠りにこだわるのか」~環境と眠りの関係を考える

会場:イノダコーヒー三条店
内容:NAGOYAインテリアコーディネータズクラブとともに、環境と眠りの関係性を考える講座

インテリアコーディネータを対象に環境と眠りの関係性について

 

2016年9月

「プロが教える正しい睡眠方法」

睡眠時間も重要な人生の一部。
私たちが起きている間のパフォーマンスは、睡眠の「質」が大きく影響します。
快眠プロデューサーが教える正しい睡眠方法で、生活の質を高めていきましょう!

会場:グランフロント大阪 パナソニックセンター
内容:自身の睡眠を知る、快眠のための環境づくり

 

 

2016年9月

ベスト・コンディション ~成功する人ほど、眠りにこだわる~

かつて「いかに眠らずに仕事をがんばったか」ということが、武勇伝のごとく語られている時代がありましが、眠りに関する科学的な研究が進んでいる現代に おいては、「いかに質の良い眠りを賢くとるか」が、日中のパフォーマンスをあげるカギといわれています。本セミナーでは、睡眠リズムを整える方法論や、睡眠習慣を改善するコツ、快適な寝室環境づくりや寝具選びの知恵など、睡眠科学に基づく快眠の秘訣を分かりやすくお伝えします。

 会場:新宿リビングセンターOZONE

 

2016年6月
京都大学総合博物館「ねむり展」関連企画

「人類進化ベッド」製作者 座馬耕一郎氏・岩田有史氏対談&サイン会

会場:京都丸善 地下2階 特設会場にて

IMG_0167

 

 

 

 

2016年5月

京都大学総合博物館「ねむり展」 ギャラリートーク

京都大学総合博物館館内で、「寝具の歴史」について、ギャラリートークが開催されました。

IMG_0131

 

 

 

 

 

2016年4月

第1回 京都朝食亭 「よい眠りはよい目覚めから」

京都のカフェでおいしい朝ごはんを食べながら、よい眠りをとる「コツ」を知り、眠りを見直すイベント。ゲストスピーカーに「チンパンジーは365日ベッドを作る:眠りの人類進化論」の著者、座馬耕一郎氏を迎え、楽しいイベントとなりました。

IMG_1101

 

 

 

 

2016年3月

親子睡眠教室 ~実はよく眠る子ほどよくできる

なぜ 一流の人はみな「眠り」にこだわるのか」(すばる舎)の著者で、寝具御誂専門店IWATAのオーナー 岩田アリチカが、子供の成長過程における睡眠の重要性や、日中のパフォーマンスや学力向上のカギを、わかりやすく説くセミナー。
会場:リビングデザインセンターOZONE 6F子育てふぁ~む(西新宿)

IMG_0018

 

 

 

 

 

2016年3月

よりよい睡眠環境セミナー「健康と快眠につながる住まい方」

毎日のよりよい眠りと健康を考えるうえで、快眠につながる寝室環境のしつらえや生活習慣の工夫などを考えるセミナー。

日時:2016年3月26日(土) 14:00~16:00

場所:株式会社住暮楽 ショールーム

講師:岩田有史(株式会社イワタ代表取締役)・鍛治恵(NPO睡眠文化研究会事務局長)

主催: NPO法人睡眠文化研究会

協力:株式会社住暮楽、OMソーラー株式会社

 IMG_0003

 

 

 

2016年1月

三菱地所 レジデンスラウンジ 「気持ちいい空気と眠りで、あなたの人生は変わる!」

詳細はこちら
2015年10月

くらしのケアリングデザイン展 セミナー 「なぜ、暮らし上級者は眠りにこだわるのか?」

詳細はこちら

IMG_0149 IMG_0148
2015年1月

三菱地所 レジデンスラウンジ 「 もっと知りたい眠りのこと」

詳細はこちら
2015年7月

三菱地所 レジデンスラウンジ 「真夏の快眠講座」

詳細はこちら

日月荘 寝具プロデュース

詳細はこちら

ハイアットリージェンシー京都 心身一如パッケージプラン

詳細はこちら

ANAクラウンプラザ スリープアドバンテージ

詳細はこちら

複合施設「les trois maisons」客室プロデュース

 2007年に京都西陣にオープンした複合施設「les trois maisons」。このカフェは、京都の町屋を改造して作られています。特徴的なのは1階がカフェになっているのですが、2階にあがれば宿泊できる客室があることです。
この客室のプロデュースをこのカフェのオーナーに依頼され、寝具はもちろんのこと、より良い睡眠を得るために欠かせない光環境などのアドバイスを行い、客室作りのお手伝いをさせていただきました。
この客室は「古民家スタイル」(ワールドフォトプレス出版)、「Hanako」(マガジンハウス)、「cafe-sweets」(柴田書店)でも紹介されました。

新大阪のビジネスホテルで快眠連携

ホテルの眠りの質を少しでもよくしたい、という思いから新大阪のビジネスホテル4社が集まって始まった企画です。大阪の旅行企画会社が運営し、弊社は睡眠評価などのコンサルティングをしています。
ま ず、眠りの質をよくするためには、現状把握を実施。利用者が実際にビジネスホテルに宿泊された際に、普段と宿泊時の睡眠状態の差異や、気になる睡眠環境に ついて、アンケートを用いて調査しました。現在3回の調査が済んでおり、夏季・秋季・冬季に宿泊されたお客様の睡眠状態と気になる睡眠環境を把握すること ができました。

 次に、4社の寝具関係のメーカーとともに「快眠ルーム」を提案。ベッドや枕など、各社がオススメする商材をビジネスホテルにそれぞれ入れることにより、より上質な眠りを体験していただくことが目的です。
通 常の客室と「快眠ルーム」に泊まられたお客様の両方にアンケートをとり、2つの客室での睡眠状態と睡眠環境の比較も行いました。その結果、快眠ルームの方 が、「寝つきにかかる時間が短かった」と回答している方の割合が多いという結果になりました。この結果は日本睡眠学会の第33回定期学術大会で発表いたし ます。

豪華客船・飛鳥Ⅱ スペシャル企画「快眠セミナー」

SANYO DIGITAL CAMERA
SANYO DIGITAL CAMERA

飛鳥Ⅱは日本最大の客船で、船内にはプール、アスレチックジム、スパ、シアター、テニスコート、カジノ、シガーバーなどの施設が充実しています。

ク ラブツーリズム・丸の内倶楽部が主催する豪華客船「飛鳥Ⅱ」のチャータークルーズ。横浜港を出発し、5泊6日のクルージングで北海道・釧路、函館を訪ねま した。その豪華なクルージング中に開催されるスペシャル企画「快眠セミナー」の講師を務めました。クルージング中に2回、セミナーを行ったのですが、いず れも満席状態。睡眠のメカニズムやぐっすり眠るための秘訣をアドバイスしました。 [セミナー主催:味の素㈱]

宮家の元別邸で優雅な「快眠ワークショップ」IN 京都・元東伏見宮家別邸・吉田山荘

 

吉田山荘外観京料理の昼食を楽しんだ後、科学的に睡眠に良いとされる20分程度のお昼寝を実践。その後、チェックシートで自分の生活習慣を確認。

そ の結果をもとに「自分で快眠度を高める方法」を学んでいただきました。吉田山荘は昭和天皇の弟君、東伏見宮家別邸として建てられ、戦後料理旅館になりまし た。その由緒ある建物をお昼寝のスペースを確保するため、たった12人限定で借り切って開きました。とても贅沢な体験になりました。
KBSテレビ「ハッピーおとな塾」や毎日新聞の記事で紹介されました

「快眠ミュージアム」IN TEPCO銀座館

 東京・銀座のみゆき通りに面するTEPCO銀座館は東京電力の情報ステーションです。その4階のフロアーを全面使ったイベント、「快眠ミュージアム」を監修しました。  

こ のイベントは1ヶ月以上のロングランで開催されました。24時間を4つのシーンに分けて、快眠のヒントやグッズを紹介する「Comfotrtable Sleeping」や自分にピッタリの枕が探せる「Sleeping Goods Museum」など見所がいっぱいの企画で、朝までぐっすり、目覚めすっきりの快眠術を紹介いたしました。消費者参加型の「快眠ミュージアムツアー」では 各コーナーを、快眠テクニックを交えながらガイドさせていただきました。開催と当時に発行されたフリーペーパー「graph TEPUCO・快眠のススメ」も監修いたしました。
テレビ東京「ガイアの夜明け」の取材を受け、放映されました。